観光地の案内をする

観光案内に必要な資格とは

観光案内の資格をとる

国土交通省が認定する通訳案内士が有名です。これは観光庁が実施する国家試験で、試験に合格し登録した者のみが、外国語通訳及び観光案内を行って報酬を得ることができます。ボランティアで無報酬であれば違法ではありませんが、無資格者が報酬を得てこの仕事を行うことはできません。試験内容は筆記と口述で、受験者の年齢、性別、国籍は問われません。使用する外国語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語に分かれています。英語での受験者が半数以上を占め、他の言語は大幅に不足しています。

観光案内の資格について

外国人が観光をする際に通訳しながら案内する資格に通訳案内士と言う国家取得があります。こちらを取得するには国家試験を受験し国家資格を所得した上で都道府県に登録する必要があります。試験を受けるのに国籍・年齢・性別は問いません。そのため外国人でも登録してこの仕事を行う事が可能です。こちらの手続きをしていない人が報酬を得て観光のコーディネートを行う事は違法行為となるので、手続きを得ていない人がこちらの業務を行う際にはボランティアで行う必要があります。外国人であっても、それは同様になるので注意が必要です。

観光案内を極める情報

新着情報

↑PAGE TOP